ドイツ旅 その1


8月に、大好きな世界的ピアニスト橋本京子先生の室内楽ワークショップ&フェスティバルへ

(http://www.imwaf.com )参加してきました。毎年先生がディレクターをやっていらしてて、今年はベルリン芸術大学(udk)の ヴァイオリンのプロフェッサー Prof.Mark Gothoni、奥様でドイツ日本で演奏活動で飛び回っているチェリストの水谷川優子先生にもレッスンを受けたり、一緒に演奏させて頂いたり。

それはもうとても充実した密度の濃い時間でした。

世界の至る所からやってきたアンサンブルにやる気満々のプレイヤーたちとたくさんアンサンブルして、学ばせて頂きました。

シューマンピアノ三重奏 Schumann Pianotrio

ドヴォルジャークピアノ五重奏 Dovorak Pianoquintet A-dur のあと、

コンサートの後のみんな良い笑顔☆

レッスンとコンサートのホール Rittersaal

キルヒベルグ城  Schloss Kirchberg

ロココザール Rokoko saal

大好きな二曲

最終日コンサートでも弾きました。

まだまだ勉強する事がたくさん。作曲家のディープな世界は果てしないです。

城の中の練習室からの景色

音楽のすてきなパワーと、第二のふるさとでのリフレッシュに、短い期間ながら得たものがとても大きな旅になりました。


58回の閲覧
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now